Bridge
チューニングの安定やサウンドに影響するブリッジです。PRSが使用するブリッジはフェンダーなどでお馴染みのシンクロナイズドの構造ですが、ブリッジ駒がピッキングによる弦の振動で横ずれしない様にベースを壁状にしてあります。程良く弦分離しつつもタイトさのあるサウンドも期待出来、さらには弦同士の間隔も均一に保たれます。
トレモロブロックはブラス削り出し。ベース部分もメッキを施したブラスを採用してあります。
ブリッジのマウントネジはクビレを付け、滑らかなアーミングを可能にしています。
ブリッジ駒もメッキを施したブラス材を使用。弦と接する部分はメッキ加工されておらず、滑らかに加工される事で弦が切れにくくなっています。
バネは若干張力の弱い物を使い4本でバランスを取っています。トレモロブロックへ差込む側はクビレを付け、金槌で打ち付けていきます。
ストップテイルピースはアルミニウムを削り出して形成されます。ダイキャストより密度が濃いことで弦振動の伝達にも影響が出ます。スタッドはブラス材が使用されています。(奥はPaul`s Guitarで使用されている"Brass Insert"タイプ)

TEL:052-753-6900
Mail: matsu@gold-star-guitar.com