Body
PRSギターの大きな魅力であるデザイン性の高いルックスはNCルーターで切削後の職人による丁寧なサンディング、カラーリングなどにより実現されています。定番モデル「CUSTOM」に関しては約5cmの厚み(バック材のマホガニーは約3cm、トップ材のメイプルは約2cm)がある状態から外側に大きくアーチ状に切削されます。
加工前のボディの厚みです。
(Paul's Guitar、408、P24などはCUSTOMよりマホガニーが分厚く設定されています。)
ブリッジの右側を頂点とし中央に厚みを持たせたボディ形状です。膨らみのないタイトなサウンドや中音域のヌケはこの形状が要因の1つでしょう。ボディバックは弾き手のお腹の当たる部分にコンター加工されておりフィット感も充分にあります。
カッタウェイはマホガニー材の部分まで深く削られ、ハイフレットでの演奏性の高いものとなっています。PRS特有の立体的なボディアーチの特徴の1つです。
エッジ部分の起伏に富んだ形状も高級感を演出しています。
ノブの窪みも丁寧に仕上げられています。

TEL:052-753-6900
Mail: matsu@gold-star-guitar.com